Population

人口変化とその影響を明らかにし、変化対応を支援するブログです。

高齢者施設見学ツアーが高齢者以外に大人気

少子高齢化にいち早く対応している業界の一つに、旅行業があげられます。クラブツーリズムなど幾つか高齢者向けに強い旅行会社が出てきていますが、その中で高齢者向け施設の見学ツアーというのがあるそうです。月2回開催していて、毎回数十人が集まるらしいです。概要は以下の通りです。



<概要>
今日は施設見学ツアーのご案内があります。


これまでの施設見学ツアーの実績から『シニア住宅を終の棲家として考えていたが、一度も訪れたことは無い』 、
『バス車内での講座が大変参考になった』、『旅行会社主催なので安心』、
『団体で行くので安心』 、『1日に2ヶ所まわれるのが魅力的』等々のご意見を頂戴しました。


その頂いたご意見を組み込み、
厳選された施設をご案内します。

◆出発日:3月19日(木) 
◆コース番号:21825−842
◆ご旅行代金:お一人様  5,000円 
 ※上記料金は、バス代・昼食費・講師料が含まれます。
   大型リフト付きバスを使用します。
◆食事条件:朝食0回、昼食1回、夕食0回
◆募集人員:30名様(最少催行人員:20名様)
◆添乗員:全行程同行いたします。
◆お申込締切日:各出発日の3日前 


下記の行程で皆様をご案内します。

※バスの中で、講師が説明を行います。     (施設見学・体験昼食)   
新宿(10:00発)=二子玉川(11:00発)=イリーゼ二子玉川ガーデン(11時半頃)=
(施設見学)
ココファン湘南(15時半頃)=湘南台(16時頃=二子玉川(17:00頃)新宿(18:00頃)

※天候、交通事情等の都合により、時間、行程等が変更になる場合があります。


専属講師が疑問や不安にお応えします。

講師:三上博至氏
プロフィール
ミニデイサービス「喜楽家」
FC本部情報室室長
訪問歯科・医療法人社団「康寧会」顧問
清掃コンサル「ACT JAPAN」代理店の他、
UR都市再生機構の高齢者事業事例調査含め
大型ショッピング゛モール内介護+保育事業等、
介護施設事業コンサル推進中。
また、週刊ダイヤモンド介護特集介護地獄」では、
有料老人ホームランキングの編集協力等に携わる



クラブツーリズムのバス見学会の様子を示したブログ
http://blog.orixliving.jp/pta01/?p=389




このツアーが面白いと思う理由は2点あります。

1点目は『高齢者向け施設の見学ツアー』という旅行に対するニーズがあり、その旅行が定期的に存在することです。国内のバスツアーで定期的に何年も続く企画を打ち出すのは結構難しいことだと思います。普通の5000円のバスツアーだと、名所を見て、お昼は寿司食べ放題で、アウトレットで買い物して、おみやげもついて位の内容のものは幾等でもあるわけです。そういう企画が単発で軌道に乗らず消えていく中で、『高齢者向け施設の見学ツアー』が何年も続いて生き残っているというのは、すごい興味深い出来事です。


2点目はこのツアーに参加する客層です。クラブツーリズムは高齢者向け旅行に強いことから、客層としては高齢者を想定しがちですが、参加者の半分は建築家・医師・介護業界・研究者など、ビジネスや学問の世界の人間だそうです。このような動き一つとって見ても、ビジネスや学問の関心領域は、着実に少子高齢化にシフトしていると思います。思えば、私がコレクティブハウスを見学したときも、参加者はMBAホルダーや学生が大半でした。


今は一部の限られた人しか日本の少子高齢化の最先端で何が起きているかを見ていませんが、今後はそういう現場を見る動きがどんどん増えていくと思います。それがビジネスチャンスであり、世界の社会科学の最先端の変化でもあるからです。金融やITには沢山の優秀な先人がいますが、少子高齢化の領域はまだまだ注目する人が少なく、先んじればビジネスでも研究でも大きなチャンスがあると考えています。